公共交通機関でのベビーカー利用に気を付けて!

※この記事は、消費者庁の子ども安全メールより抜粋しています。

先日、地下鉄で列車がベビーカーをドアに挟んだまま発車する事故がありました。消費者庁には、公共交通機関におけるベビーカー利用の際の事故情報が医療機関(※)から寄せられています。

「電車からホームに降りる時、段差に引っ掛かり、ベビーカーごと前方に回転するように転倒。唇を打撲・受傷。」(1歳)
「電車に乗り込もうとした際、子供がベビーカーから立ち上がり転倒。電車とホームの隙間に落ちそうになった。ベルトをしていなかった。」(1歳)

ベビーカーで電車やバスに乗降する際、段差でつまずいたり、隙間や溝に車輪が挟まったりするなど、思わぬ事故につながることがあります。ベビーカーを使用の際にはシートベルトを必ず着用し、注意して操作しましょう。

また、駅のホームやバス停、車内で止めている間は、ストッパーをかけ、しっかり手も添えるようにしましょう。

(※)消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成27年10月時点で30機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

:-P :-D :wink: 8) :( :oops: :-? 8-O :-| :cry: :roll: :-x :evil: :twisted: :?: :!: :idea: :arrow: more »

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2017 IKUJI Australia

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account